【一瞬で復活】はんだごてのコテ先の錆を取り再メッキする「TipリフレッサーBS-2」の使い方

Pocket

【一瞬で復活】はんだごてのコテ先の錆を取り再メッキする「Tipリフレッサー BS-2」の使い方

こんにちは。wak-techです。
今回はタイトルの通り、錆びてしまったコテ先をきれいに手入れしてみました

はんだごてが錆びていると

  • はんだに熱が伝わりにくい
  • はんだがこてに付かずにコントロールできない

等の欠点があります。でもコテ先を買い替えるのも勿体ない…
そこで、Tipリフレッサー BS-2という商品を見つけまして、無事にきれいに復活したので、使い方と共に紹介します。

錆びている様子

使用する前の様子がこちら。一見錆びていないように見えますが、どの場所にもはんだが乗らない程錆びています。

使用道具

使い方

  1. コテ先をスチールウールで磨き、平らにする
  2. はんだごてを加熱する
  3. Tipリフレッサーを開き、スポンジなどで拭いた直後にコテ先を差し込む

差し込む前

差し込み後 右手前の部分が溶けていることが分かる

5. メッキされて綺麗になるので、はんだを直ぐに付けてコーティングする

以上です!加熱→Tipリフレッサーに突っ込み再メッキ→はんだを乗せてコーティング。簡単でしょう?

しかも使い終わった後でもかなりの量のリフレッサーが残っています。何度も使えて非常に経済的ですね!

他のリフレッサー系の用品

今回はTipリフレッサーを使い、十分な結果が得られましたが、他にも似た商品があるようです。

こちらは700円程と少し高めですが、機能は同じです。レビュー数も多く、参考になるのではないでしょうか。

また、普段からコテ先をきれいに保つ必要があるので、goot こて先クリーナー ST-40等の購入をお勧めします。

普段はスポンジ派ですが、これを機に金属のもしゃもしゃしたタイプに買い替えようと思います…!

Pocket

関連記事   【ESP32 シンプルTips】ESP32の使用準備(Arduinoとして使用する)

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です