アイロン不要!アセトンを使った真鍮・銅エッチング

Pocket

エッチングとは

エッチングとは,ターゲットを酸化して模様などを浮かび上がらせる技術です.例えば電子基板は銅箔が一面に貼られている板にエッチング処理を施すことで,回路を形成しています.

エッチングの簡単な手順

エッチングの詳しい手順を説明する前に,簡単な手順を紹介します.

  1. 描きたい絵柄をレーザープリンタでプリント(コンビニのマルチコピー機推奨)
  2. ターゲットにインクを転写
  3. ターゲットを溶液に漬け,エッチング
  4. 水で洗い表面を磨く
  5. エッチング溶液を処理して完成!

必要なもの一覧

基本的に必要なものは全部Amazonで手に入るので,そのリンクを載せておきます.今回使うターゲットは真鍮板ですが,トナーが転写できる金属であればOKです.

エッチング開始!

絵柄を書く

転写したい絵柄を白黒で描きます.トナーの付く部分がマスクとなって酸化されなくなるので,グレーなどにしても意味がありません.マスクにしたい部分は真っ黒に,そうでない部分は白にしましょう.

どこかにありそうな魚のロゴを書いてみました.デザイン力が欲しい.

この時,紙を裏返してトナーをつけることになるので,文字を入れたい場合は左右反転してください

印刷

デザインしたものをレーザープリンターで印刷します(インクジェットではトナーが上手く転写されないようです).セブンのマルチコピー機が便利.


基板磨き

エッチングする金属をスチールウールなどで良く磨きます.

トナー転写

いよいよトナーを転写していきます.多くの方がアイロンを使って転写をされていますが,ここではアセトンを使って転写していきます.

使わないインクや書類で試してみると,アセトンがトナーを溶かすことが分かります.この性質を利用しますが,アセトンは揮発性が高いために基板にトナーが写る前に蒸発することがあります.これでは不便なので,アルコールと混ぜてしばらく乾かないようにします.

私は量比でアセトン:アルコール = 4:6になるように調整したものを使いました.

これを基板に垂らし,すぐにパターンの紙を重ね,上から本等で押さえます(約1分).

本を使用しているのは,ある程度均等に力を掛けるためです.基板がある程度湾曲していても,本のように柔らかければフィットしてくれます.下敷きなどでもいいかも.

上手くトナーが転写できていれば,基板を横にしても紙が落ちてきません.

紙剥がし

アルコールが飛んだら,紙の上から水を垂らし,ふやかします

これを指で広げ,全体が濡れるようにします.その後浸透するまで待ち,指で優しくこすり紙だけ取り除きます.

※この段階でトナーがはがれてしまった場合でも,全体にアセトンをかけてティッシュで拭くことでリセットできます.アセトンはいいぞ.

上手くいくとこのようにトナーだけ残ります.


Pocket

関連記事   Maker Faire Tokyo 2018レポート【後半】

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です