基板製作ソフトEAGLEの簡単な使い方・チュートリアル

Pocket

動画編 もあります!EAGLEのインストールから基板発注まで,すべて解説していますのでもしよかったらご覧ください!

前回,基板設計ソフトであるEAGLEをインストールしましたので,今回はその簡単な使い方を見ていきましょう。

プロジェクトの作成

  1. まずEAGLEを起動し,FileNewProjectを選択
  2. 適当な名前を付けると,Projectsに追加される(私はLEDという名前を付けました)

回路図を書いてみる

  1. 同様にNewSchematic(回路図)を選択する
  2. 新たなウィンドウが出現。これは回路図ウィンドウです。この中で回路図を書いていきます。
  3. 元のウィンドウ(control panelと書いてあるはず)に戻り,ctrl+fを押して検索欄を呼び出す。そこでLibraryを選択した状態で,試しにIR LEDと入力してEnterを押し,Nextを何回かクリックすると下図のようになる。
  4. 上図のグレーで選択されたSFH482という部品をダブルクリックし,回路図ウィンドウに戻ると,LEDの回路図シンボルが表示される。
  5. 適当な場所でクリックすると,このLEDを置くことができる。置けたら,回路図ウィンドウの左の機能パネル内にあるLineをクリックする。
  6. 先程設置したLEDの赤い線の端をクリックすると,緑色の配線が伸びる。クリックするたびに線の始点となり,配線できる。配線を終わらせたいときはその場でダブルクリックする。
  7. 機能パネルのコピーマーク(紙が2枚重なっているアイコン)を選択してLEDを選ぶとコピーできる。(これを適当な場所に配置し,下図のような閉回路を作ってみました。)

このように,基本的に

  1. パーツをLibraryから探し出し,ダブルクリック
  2. 回路図ウィンドウでクリックして配置
  3. Lineで導線を引く

というのを繰り返していくだけです。意外と簡単ですね。

でも,Libraryから自分の探しているパーツを探すの,かなり面倒ではないでしょうか。パーツの名前も知っていなければいけないですし,簡単な抵抗などを見つけるにも一苦労です。これを解消するために,自分でライブラリを作る機能が付いています。つまりオリジナルのパーツが作れるということです。当然新しく出てきたパーツに対応するわけではないので,適宜自分でパーツライブラリを作る必要があります。次回自作ライブラリの作り方を解説します。

基板データの作成

ひとまず閉回路ができあがったので,試しに基板データを作ってみましょう。

Pocket

関連記事   完全初心者のための基板製作入門(EAGLE・FusionPCB)

4件のコメント

  1. IR LEDを検索するときに, librariesを選択しないとIR LEDが探せませんでした。(Eagle9.2.0 free)
    あとはわかりやすかったです。つぎのステップに進みます。このようなサイトがあると
    とっかかりやすくて、とてもありがたいです。

    1. コメントありがとうございます。初めてのコメントなので非常に嬉しいです!
      仰る通りですね、修正しておきます。またこのような事があれば遠慮なくご指摘ください。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です