Googleスプレッドシートからスマホアプリが作れる「AppSheet」の使い方

Appsheetとは?

Appsheetとは、コーディングなしでアプリが作れるサービスです。Googleのスプレッドシートをそのままアプリにすることができます。

基本的に無料で、スマホアプリも用意されています。今回はAppSheetを使って、スマホで編集できる体重管理アプリを作ってみました。

体重管理アプリを作ろう

AppSheetへの登録

今回はgoogleスプレッドシートをもとに作成するので、Googleアカウントで登録します。

まずwww.appsheet.comを開きます。

Start for freeを押し、google ドライブを選びます。

するとgoogleにログインするよう言われるので、使いたいアカウントでログインします。

下のような編集画面が出現しました。これで登録は完了です。


アプリ用スプレッドシート作成

アプリを作る前に、適当なスプレッドシートを作っておく必要があります。googleドライブを別タブで開き、適当なファイルを作ります。

左上のNewからスプレッドシートを選びましょう。作られるとこのようになります。

次に、アプリで入力したいパラメーターをこのように記述します。今回は体重が欲しいので、まず日付と体重、そして備考欄を作ってみました。

先程の画面に戻ると、作成したスプレッドシートが左側に出現します。ただしエラーが起こることがあるので、右上のNew mobile appから先程作成したスプレッドシートを指定して、アプリを作ることをお勧めします。

無事アプリが生成されました。右側にスマホが写っていますね。これはエミュレーターで、実際にどのような動きをするかを確かめることができます。

試しにエミュレータをいじってみましょう。右下の+マークを押すと、データの追加ができます。

データを追加し終わると、先程のデータが一覧に表示されました。さらに驚くことに、この瞬間に元のスプレッドシートにもそのデータが入っていました。


つまり、スマホからデータを入力してパソコンでグラフ等に加工するということが簡単にできてしまいます。

実機(スマホ)で動かす

スマホで動かすには、AppSheetのスマホアプリが必要です。

Androidの方はこちらから、iPhoneの方はこちらからDLできます。

ここからはスマホアプリでの操作を解説します。まずDLしたアプリを開きます。

サービスへのログインが求められるので、先程アプリを作成したアカウントでログインします。(今回はGoogle)

すると、先程作成したアプリが一覧に出現しました!

これをタップすると、エミュレータと同様にきちんと使うことができます。

さらに左上のハンバーガーメニュー>Add shortcutを選ぶと、そのアプリのショートカットが作成できます。

これでいつでもアプリを開くことができ、手軽に体重が記録できるようになりました!!


その他チュートリアルなど

このように非常に簡単に自分だけのアプリが作成できるAppSheet。単語帳なんかも上記の体重記録と同じように作れるでしょう。

そのほか、どのようなアプリが作れるかやどうすれば作れるかのチュートリアルが公式のyoutubeチャンネルに上がっています。ぜひ参考にしてみてください。

個人的にはどのようなことができるかが一目でわかるこの動画がお勧めです。

他のアプリが無料で作れるサービス

Appsheetは非常に迅速に開発ができますが、ストアで売れない、ゲームなどは作れない等の欠点が多くあります。

モバイルアプリをAndroid,iPhone両方で動くクロスプラットフォームアプリが現在は主流になりつつあります。C#やjavaを使わずに、webを作っているhtml,css,javascriptでアプリが作れるサービスが多く、馴染みやすいです。

その中でも無料で、かつ日本のサービスであるMonacaがお勧めです。書籍を買って勉強することをお勧めします。現在私も勉強中です。

Monaca公式サイト

2018/07に出たばかりの上記の本を特にお勧めしておきます。

「Googleスプレッドシートからスマホアプリが作れる「AppSheet」の使い方」に2件のコメントがあります

  1. ピンバック: AppSheetでGoogleスプレッドシート用アプリを作る 🌴 officeの杜

吉田純造 にコメントする 返信をキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です